ブログ

2022.01.14

アルコール検知器 vol.1

令和4年4月1日より、開成道路交通法施行規則が順次施行されます。令和4年10月1日から、安全運転管理者選任事業所にて、安全運転管理者による「アルコール検知器を使用した運転者の運転前後のアルコールチェック」が「義務化」されます!

一定台数以上の自動車の使用者は、自動車使用の本拠(事業所等)毎に、自動車の安全な運転に必要な業務を行う者として「安全運転管理者の選任」を行わなければなりません。

選任が必要な事業所は、下記(1)・(2)のいずれかのケースになります。
(1)「乗車定員が11人以上の自動車1台以上」
(2)「その他の自動車5台以上(※原動機付自転車を除く自動二輪車は、1台を0.5台として計算)」

※安全運転管理者に関するご不明点は、各都道府県警察のホームページをご覧いただくか、お近くの警察署へお問合せください。

アルコールチェック アルコールチェック

さて、弊社では、サンコーテクノのアルコール検知器を取扱っておりますが、昨今の半導体不足により品不足が深刻化してきております。デモ機を保有しておりますので、改めて機器の説明をブログで紹介させて頂きます。
アルコール検知器

一覧へ戻る